今まで数回転職をしましたが、必ず聞かれる質問として「前の会社を辞めたのはなぜですか」
です。一番に聞かれる場合もありますし、面接の中盤で聞かれる場合もあります。
タイミングはさまざまですが、必ず質問されます。100%です。

 

面接官の立場になったら当然のことなのですが、前職で何か問題があったら困りますよね。
それと同時に、転職を通じてどういうキャリアアップをしたいのか、その人となりを
かいま見ることのできる質問であと思います。

 

まず、面接というのはすべてを正直に答える必要はありません。
といっても嘘をつくことを推奨するわけでもありません。

 

一番面接官が知りたいのは、採用して自分の会社や職場に来てもらうことが会社に
利益になるか、この人は採用に適しているか、という点です。
面接で答えた内容1つ1つを確かめるわけではないのです。

 

となると、自分の感じたままにわかりやすく答えることが一番なのです。

 

例えば、殺伐とした人間関係と長時間の残業で転職をする場合、そのままの理由を
言うのは避けましょう。というのもどんな職場でも必ず人間関係は存在しますし、
忙しくなると残業は必ず発生します。

 

また、前の会社の悪口を言っても何の意味もありません。かえって、勤めていた
会社の悪口を言うような人間ととられてマイナス要因となります。

 

だからこそ、面接では後ろ向きな発言は控えて、前向きに回答することを心がけ
ましょう。悪口や自信のなさは必要ありません。

 

誰しも面接は緊張するものです。すらすらと話せなくても構いません。
考えてきた答えを忘れてしまって頭が真っ白になってもいいではないですか。
自分に話せること、自分にできることに正直になって臨みましょう。

 

 

おすすめサイトのご紹介
http://xn--201-ps9dm08tzcs.net/
スキルアップを目指した20代の転職方法について